福祉事業

こんなとき、こんな手続き

一覧はこちらから

医療機関

総合健康診断等指定実施機関

特定健診・特定保健指導等

宿泊・厚生施設のご案内

ご利用案内

宿泊契約施設一覧

厚生契約施設一覧へ

湯河原温泉ちとせ

利用助成について

貸付事業

この事業は、組合員の臨時の支出および組合員の「自己の用に供するため」の住宅取得等に対する資金を貸付ける事業です。

なお、貸付利率は、貸付規則の本則では4.46%ですが、現在、財務省財政融資資金法の規定により財務大臣が定める利率に基づく特例利率2.66%(平成29年4月1日現在)となっております。この特例利率は、財政融資資金利率の変動が生じますと変わることもあります。

貸付の種類・主な条件等

貸付種類 借受
資格
貸付内容 限度額 申込時期 貸付
特例
利率
普通貸付








組合員が臨時の支出に必要な費用 給料月額の6ヶ月分に相当する金額(200万円を超えるときは、200万円)
貸付金額の単位5万円
資金を必要とするとき 年利
2.66%
災害家財
貸付
組合員の家財に係る災害(水震火災その他の非常災害)および盗難等による損害にあったときの費用 給料月額の6ヶ月分に相当する金額(200万円を超えるときは、200万円)
貸付金額の単位5万円
災害・盗難等にあったとき(り災証明または事故証明書) 年利
2.22 %



医療 組合員またはその被扶養者の医療・療養に要する費用 給料月額の6ヶ月分に相当する金額(100万円を超えるときは、100万円)
貸付金額の単位5万円
資金を必要とするとき 年利
2.66%
入学 組合員またはその被扶養者(被扶養者でない子を含む)
  • 学校教育法第1条に規定する高等学校、中等教育学校(後期課程に限る)、大学若しくは高等専門学校
  • 同法第124条に規定する専修学校
  • 同法第134条に規定する各種学校
  • 理事長が定める外国の教育機関に入学(修学)するための費用(修業年限が1年以上の学校に限る)
給料月額の6ヶ月分に相当する金額(200万円を超えるときは、200万円)
貸付金額の単位5万円
入学費用を必要とするとき
修学 修業年限の年数に相当する月数(修業年の途中から借入れる場合にあっては貸付月から起算して残存する月数)
1ヶ月につき15万円
ただし、3月・4月の貸付については、12ヶ月(1年分)
貸付金額の単位5万円
修業期間中随時(2年生以降の貸増については、必要に応じ毎年1回の申し込みを行う)
結婚 組合員、被扶養者(被扶養者でない子を含む)、孫若しくは兄弟姉妹の婚姻に要する費用 給料月額の6ヶ月分に相当する金額(200万円を超えるときは、200万円)
貸付金額の単位5万円
結婚の前後3ヶ月以内
葬祭 組合員の配偶者・子・父母若しくは兄弟姉妹または配偶者の父母の葬祭に要する費用 給料月額の6ヶ月分に相当する金額(200万円を超えるときは、200万円)
貸付金額の単位5万円
死亡後3ヶ月以内
貸付種類 借受資格 貸付内容 限 度 額 申込時期 貸付
特例
利率
住宅貸付 組合員期間
1年以上となった日から
組合員が自己の用に供するための住宅を新築、増築、改築、修理若しくは購入または住宅の敷地を購入するための費用

最高限度額1,800万円(申込時の給料に別表に掲げる組合員期間の区分に応じ、同表に掲げる月数を乗じて得た額)
(注)最低保障額参照
貸付金額の単位10万円(50万円以上)

資金を必要とするとき 年利
2.66 %
在宅介護
対応住宅
貸  付
組合員期間
1年以上となっ
た日から
要介護者に配慮した構造を有する住宅で段差の解消、手すりの設置等、ホームエレベータ等の設置に要する費用 300万円以内(住宅・災害(再)貸付と併用する場合は各貸付限度額(最低保障額および最高限度額)に300万円を限度としての額)
貸付金額の単位10万円(50万円以上)
要介護住宅が必要になったとき 年利
2.40%



住宅 組合員となっ
た日から
組合員の住宅または住宅の敷地に係る災害による損害にあったときの費用 住宅貸付に同じ
(注)最低保障額参照
貸付金額の単位10万円(50万円以上)
災害にあったとき(り災証明がでるとき) 年利
2.22%
現に住宅貸付災害住宅貸付を受けている組合員が居住する住宅、住宅の敷地に係る災害による損害にあったときの費用 最高限度額1,900万円(申込時の給料に別表に掲げる組合員期間の区分に応じ、同表に掲げる月数を乗じて得た額)
(注)最低保障額参照
貸付金額の単位10万円(50万円以上)
高額医療
貸  付
組合員およ
び任意継続
組合員となった日から
組合員、被扶養者が「高額療養費」の支給、高額療養費の現物給付(限度額適用を除く)の対象となる療養に係る支払いのための費用 1つの事由ごとに高額療養費に相当する額以内
貸付金額の単位1千円
高額の医療費を支払をするとき 無利息
出産貸付 組合員、被扶養者が、「出産費等」の支給(医療機関への直接支払制度、受取代理制度該当の場合を除く)の対象となる出産に係る支払いのための費用 出産費等に相当する額
貸付金額の単位1千円
医療機関等に一時的な支払いが必要となったとき

※住宅貸付・災害(住宅・再)貸付および在宅介護対応住宅貸付を申込する際、資金合計の1割程度の自己資金を必要とします。

別表(最高限度額算出法)
組合員期間 月数
組合員期間1年以上6年未満 7月
組合員期間6年以上11年未満 15月
組合員期間11年以上16年未満 22月
組合員期間16年以上20年未満 28月
組合員期間20年以上25年未満 43月
組合員期間25年以上30年未満 60月
組合員期間30年以上 69月

最低保障額

上記、住宅貸付、災害(住宅・再)貸付の表中の「限度額」欄の計算により算出した額が、下記の「組合員期間」欄の各々の最低保障額に満たないときは、該当額の最低保障額が借受けられます。

住宅貸付・災害(再)貸付の最低保障額
組合員期間 住宅・災害住宅貸付
最低保障額
災害再貸付
最低保障額
組合員期間3年未満の場合 100万円 150万円
組合員期間3年以上7年未満の場合 400万円 450万円
組合員期間7年以上12年未満の場合 700万円 750万円
組合員期間12年以上17年未満の場合 900万円 950万円
組合員期間17年以上の場合 1,100万円 1,150万円

■主な条件等

  • 共済組合と他の金融機関等への償還額を含め、毎月の償還額の合計が給料月額(基本給)の30%を超える場合および年間償還額の合計が年収額の30%を超える場合は、貸付ができません。
    (「高額医療貸付」「出産貸付」を除く)
  • 部分休業等の承認を受け、給料の一部が減額されている場合は、減額後の給料額が給料月額となります。
  • 給料の全部が支給停止されている方は、貸付ができません。

貸付申込書に添付する書類

貸付申込をするときは、「貸付申込書」のほか次の書類が必要ですが、「貸付申込書(全貸付種類)」・「借入状況等申告書(高額医療貸付・出産貸付を除く)」に押印する印鑑は印鑑登録印とし、印鑑証明書を添付することになります。

 

■普通貸付

「借入状況等申告書」「見積書等(社印・支払時期が入ったもの)」を添付していただきます。

■災害家財貸付

家財の水害
火災または盗難
添付書類は、普通貸付に同じ。その他、り災証明書の写又は事故証明書の写、損害の程度のわかる書類(損害家財の明細書等)、災害状況写真

■特別貸付

添付書類 借入事由
医療 入学 修学 結婚 葬祭
借入状況等申告書
他の市町村職員共済組合等での借入れ状況の確認について
修学貸付に係る償還申請書
予想療養費見積書
医師の診断書
合格通知書(写)または入学許可書(写)
在学証明書
続柄を証明する書類(被扶養者でないとき)
支払時期のわかる書類(見積書等に記載のないとき)
結婚を証明する書類(戸籍謄本等)
死亡を証明する書類
(埋葬許可書(写)または除籍謄本等)
見積書等(社印・支払時期が入ったもの)

※その他必要に応じて提出していただく場合もあります。

■償還開始時に送付する書類

送付書類 借入事由
医療 入学 修学 結婚 葬祭
修学貸付に係る償還開始申請書        

■住宅貸付

添付書類 借 入 事 由


























































借入状況等申告書
他の市町村職員共済組合等での借入れ状況の確認について
工事請負契約書(写)または工事見積書(写)















建築確認通知書(写)





工事工程表




平面図


売買契約書(写)




重要事項説明書




土地の実測図





土地の登記簿謄本                  
家屋の登記簿謄本





 
定期借地権設定契約公正書(写)








 
地主の承諾書






補修箇所の平面図および写真








配置図
続柄を証明する書類
誓約書または申立書等
他共済組合発行の貸付残高証明書
住宅貸付等借入事由別の完了届等の提出書類
完了届
建物の登記簿謄本





土地の登記簿謄本






写真  


領収書(写)
住民票        

○ 必ず添付する書類

△ 状況に応じて添付する書類

※その他必要に応じて提出していただく場合もあります。

■災害貸付

住宅・再 添付書類は、住宅貸付に同じ。その他、り災証明書の写、災害状況写真

■在宅介護対応住宅貸付

要介護者のための介護の構造を要する住宅を新築、増築または改築する場合の申込時の添付書類は、住宅貸付または災害貸付と同じです。

■高額医療貸付

保険医療機関等の「請求書」または「領収書」の写と「保険診療額内訳書」が必要になります。

■出産貸付

「母子健康手帳」の写と「出産費等内訳書」が必要になります。

ただし、妊娠4ヶ月以上の組合員、被扶養者を有する組合員の場合は、出産に係る医療機関の「請求書」または「領収書」も必要になります。

貸付申込書の提出期日

貸付の申込期限は、共済組合の提出期日(毎月1日)ですので、所属所における書類のチェック、その他郵送に要する日数等を考慮のうえ、充分余裕をもって共済組合事務担当課へ提出するようにしてください。

貸付決定および貸付金送金

■貸付決定

上記貸付申込書の提出期日までに提出のあった申込分については、借入事由ごとに慎重に審査し決定されると決定通知を毎月20日頃に所属所長を経由して、貸付を申込んだ組合員(以下「借受人」という。)に通知いたします。

■貸付金送金

貸付の決定通知書が借受人に届き次第、「借用証書」を指定期日までに所属所長を経由して共済組合に提出してください。「借用証書」が提出されたものについて、当該月の末日まで(送金日が金融機関休業日のときは直前の営業日に送金)に登録されている給付金等受取口座に送金いたします。

※ただし、高額医療貸付・出産貸付の申込みがあった場合は、決定後直ちに送金します。

貸付金の償還方法

  • 償還方法は、毎月償還または賞与併用分割型償還とがあります。
  • 償還については、貸付を受けた月の翌月から給与および賞与から控除されます。
  • 修学貸付の償還は、修業期間中は利息のみの償還若しくは、元金及び利息の償還のどちらかを選択することが出来ます。また、利息のみの償還を選択した方も「修学貸付に係る償還開始申請書」を提出することによって元金及び利息の償還に変更することもできます。
  • 高額医療貸付・出産貸付の償還は、共済組合から高額療養費・出産費等が支給されるときにその高額療養費・出産費等で相殺します。
  • 育児・介護休業者に係る償還を猶予した場合は、償還猶予の期間の各月分の未償還額の償還については、償還を猶予した期間が終了した月の翌月から通常の償還と合わせて償還することになります。また、賞与併用償還については、賞与償還額を次期または、次々期に支給される賞与からそれぞれ償還を猶予した金額を合わせて償還することとなります。

こんなときはただちに貸付金を全額即時償還していただきます

  • 組合員の資格を失ったとき
  • 退職手当またはこれに相当する手当の支給を受けたとき
  • 申込内容に偽りがあると認められたとき
  • 貸付後の提出すべき書類が提出されないとき
  • その他、貸付規則等に違反したとき

その他、詳しいことは、各共済組合事務担当課にお尋ねください。

団体信用生命保険(「だんしん」)

共済組合から高額医療貸付・出産貸付以外の貸付を借受ける場合は、その組合員を対象とした団体信用生命保険制度(以下「だんしん」という。)があります。

この保険に加入すると貸付金の償還途中に借受人が万一死亡または高度障害となった場合には、その債務がだんしん保険金で相殺され、家族は退職金その他の財産を債務の償還にあてる必要がありません。

貸付を申込むときは、「だんしん」の利点を充分ご理解のうえ、ぜひ加入されるようお勧めします。

項目 内容
加入資格
  • 貸付金の借受人で健康状態が生命保険会社の「告知の内容」に合致する者であること
  • 加入時に貸付種類ごとに貸付残高が10万円以上であること
  • 加入日現在満70歳未満の者であること
加入申込時期
  • 貸付を申込むとき
  • 中途加入の申込をしたとき
保険期間 貸付実行日から共済組合との貸借関係が終了した日まで
特約保障料
  • 貸付金残高(保険金額)10万円に対し、月額20円
  • 毎年1回加入者の指定金融機関の口座から12か月分を一括して自動振替
保険金が
支払われない場合
  • 告知義務違反による解除
  • 保障の開始日から1年を経過する前に自殺したとき
  • 戦争その他の変乱により死亡または高度障害となったとき
  • 加入者の故意により高度障害状態となったとき
  • 詐欺取消し、不法取得目的による無効の場合
  • 保障開始日前の傷害または疾病により高度障害状態になったとき
  • 保険契約者または保険金受取人の故意により死亡または高度障害になられたとき
  • 重大事由による解除の場合

債務返済支援保険

「だんしん」に加入している借受人を対象としております。

この保険に加入すると貸付金の償還途中に借受人が万一病気等の療養のため就業障害になった場合には、毎回の貸付返済金相当額(賞与含む)を保険金で補てんするものです。

項目 内容
加入資格
  • 「だんしん」に加入している者であること
  • 加入時の年齢が満18歳以上60歳未満であること
  • 健康状態が生命保険会社の「告知の内容」に合致する者であること
加入申込時期 団体信用生命保険加入申込時
保険期間 最長3年間(免責期間30日)
特約保険料
  • 1ヶ月の返済額が1万円につき月額99円
  • 毎年1回加入者の指定金融機関の口座から12ヶ月分を一括して「だんしん」の保険料と合わせて自動振替
保険金が
支払われない場合
  • 故意または重大な過失により被った身体障害による就業障害
  • 自殺行為、犯罪行為または闘争行為により被った身体障害による就業障害
  • 麻薬、あへん、大麻または覚せい剤、シンナー等の使用により被った身体障害による就業障害
  • 妊娠、出産、早産または流産により被った身体障害による就業障害
  • 戦争、暴動(テロ行為を除く)などによって被った身体障害による就業障害
  • 頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛等で医学的他覚所見(検査等によって認められる異常所見)のないものによる就業障害
  • 自動車または原動機付自転車の無資格運転または酒酔運転による傷害による就業障害
  • 精神病性障害、知的障害、アルコール依存および薬物依存等の精神障害を被り、これを原因として生じた就業障害(一部お支払いの対象となるものがあります。)
  • 退職後に開始した就業障害

※「団体信用生命保険」、「債務返済支援保険」の「告知の内容」等については、下のパンフレットをご覧ください。

だんしん事業加入手続のご案内パンフレット

© 神奈川県市町村職員共済組合 All Rights Reserved.