物資立替金にかかる残価設定型ローンの取り扱いについて

 残価設定型ローンにより車輌を購入した場合、3年後や5年後に返却または残りの残価分を支払い、

車輌の買い取りを選択することができます。 

 その際、車輌の買い取りを希望し、共済組合の物資立替金の利用を希望される場合は「特例による

立替金申込書」に下記書類を添付し、所属所で定められた締切日までにご提出いただきますようお願

いいたします。 

 なお、当該車輌の購入が共済組合と契約している指定店の場合でも特例による立替金としての取り

扱いとなります。                       

                         記

         1.購入当時の注文書(写)

         2.最終支払日及び当該車輌の残価が確認できる書類

          例)リース料支払明細書、残価の請求書等

         3.残価購入の意思が確認できる書類           

          例)最終回支払方法の確認書等          

         4.現在の車検証(写)

          (後日、本人名義に切り替えた車検証の写を提出してください。)


閉じる